岡本大八事件と有馬晴信

 岡本大八は,本多正純の与力(よりき)で,キリシタンでした。洗礼名はパウロ。本多正純は徳川家康の側近で,幕府の実力者です。
 岡本大八事件とは,慶長14年(1610)12月,キリシタン大名の有馬晴信が,長崎港外でポルトガル船を撃沈しますが,その恩賞斡旋にかこつけて,岡本大八が多額の金品を詐取した事件です。
 晴信のポルトガル船撃沈は,もちろん家康の許可を得てのことです。すでに江戸幕府は成立しています。晴信はこの働きに対して,当然,幕府から恩賞があるものと信じていました。
 岡本は一大名の家臣でしかありませんが,その大名が幕府随一の実力者本多正純となれば話は別です。その岡本が,晴信に,約束したのです。晴信の旧領であった肥前(長崎県・佐賀県)藤津・彼杵(そのき)・杵島(きしま)の三郡を晴信に賜わるよう幕府に斡旋すると。そして晴信から多額の賄賂を受け取るのです。
 ところが,幕府からは何の音沙汰もありません。大八に問いただすと,大八は幕府の朱印状を晴信に渡します。ところが,この朱印状は偽造したものであったのです。
 事件の発端は,慶長17年春,有馬晴信が,家康の側近本多正純に一通の書状を出したところから始まります。書状は,岡本大八より旧領返還の朱印状を得ていますが,いつこれを実施してくれるのですか,というものでした。
 有馬晴信は,大友義鎮(宗麟)や大村純忠らと共に,天正少年遣欧使節団をローマに送った人物で,戦国の勇将としても知られていました。しかし,晴信から書状を受け取った本多正純には,一体何のことか訳が解りません。そこで大八を呼んで直接問いただしましたが,大八は,身に覚えがないことであると言い張りました。しかし調査の結果,晴信の言い分に理がありました。そこで,晴信と大八が駿府へ呼び出され,両者の言い分が述べられましたが,結果は大八が,朱印状まで偽造したことを白状し,この事件に幕が下りました。しかし正純に大きな汚点を残したのでした。
 慶長15年3月21日,岡本大八は駿府城下を流れる安倍川の河原で,火あぶりの刑に処せられました。晴信はその翌日,甲斐国の都留(つる)郡に配流されたあと,5月6日に切腹させられて没しました。
 しかし,これでこの事件が終わったわけではありません。家康は,有馬晴信と岡本大八が共にキリシタンであることを知ると,大八が処刑されたその日に,京都や長崎,有馬地方などにキリシタンの禁制を命じたのです。また旗本の中にもキリシタン信徒がいて,なかには火あぶりの刑に処せられたものもいました。さらに,家康の愛妾のひとり阿滝(おたき)の方も大島に流罪となりました。彼女は朝鮮貴族の出身で,絶世の美女であったといいます。洗礼名はジュリア,家康は島役人に,もし彼女に改宗の気持がみえたら,すぐに駿府へ戻すようにと命じたといいます。
 ともあれ慶長18年12月,家康は再度キリシタン弾圧を行い,同年末に,公式に「伴天連(ばてれん)追放令」を全国に布告しました。これにより,日本国中のキリスト教の教会が焼き払われ,キリシタン信徒は徹底的に弾圧されて,沈黙しました。復活するのは幕末になってからです。