Tsutsui

デジタルで作るアナログの音

みなさんは集中したいとき,図書館など静かな場所を選びますか?
それとも,カフェなど何かしら音がある環境ですか?

エアコンの音,誰かの足音,遠くで電車が走る音,なんの音なのか,どこから来ているのか,分からないような音。
そういった様々な音の中で,私たちは日々過ごしています。

普段意識をしないので,聞こえなくなって初めてその存在に気付く音もあるかもしれません。
先日,関東でも大雪になりましたが,雪が降ると「静かだなあ」と思いませんか?
これは,雪が様々な音を吸収してしまうので,私たちは普段より静かだと感じるのです。

そういった私たちを取り巻くアナログな音やノイズが,今デジタルの世界であえて作られている,ということをご存知でしょうか。

録音ソフトは,今急速に進化しています。
録音した音を切り貼りしたり,音程を調整したりするのはもちろん,一度聞いただけではデジタルとは気が付かないくらい精巧な楽器の音も出せるようになってきました。

さらに,よりアナログな音に近づけるために様々な工夫もされています。

例えば,デジタルでアナログのような音を出す方法の一つとして,ひとつひとつの音をちょっとずらして和音にする,という方法があるそうです。

個人でもオーケストラでも,
人が和音を出す際には全ての音を0.1秒の狂いもなく同時に出すことは不可能です。
しかし,そのズレが演奏者の個性となり,音の力強さや柔らかさ,表現につながります。

一方で,デジタルではそのズレが生じない,ある意味「正確な」和音を出すことができますが,その「正確さ」ゆえに音の個性が消えてしまうのです。

そこで,アナログの音に近づけるために,デジタルでもわざと音をずらすという方法がとられます。

さらに,より自然なアナログな雰囲気を出すためにあえてかすかなノイズを加えることもあるようで,
ソフトによっては,ピアニストが椅子を引くような音を入れることもできるとかできないとか・・・。

デジタルな音,アナログな音,その境界線は今後曖昧になっていきそうな気がしています。

色々と気になってきたので,
次回,音楽担当に詳しく話を聞いてみようと思います。

〈英語担当T〉

#音楽 #デジタル #アナログ #デジタルな音 #環境の音 #次回に続く

編集者のひとりごとを更新しました

編集者のひとりごとを更新しました。「デジタルで作るアナログの音

編集者のひとりごとを更新しました

編集者のひとりごとを更新しました。「歌えない音

歌えない音

イルミネーションがきらびやかになり
クリスマスソングが街中で流れる季節になりました。


クリスマスソングと言えば,誰のどの歌を思いつきますか?

マライア・キャリー?
アリアナ・グランデ?
山下達郎?

王道のフランク・シナトラやナット・キング・コールの歌う
クリスマスソングも素敵ですね。


ついつい,口ずさんでしまうクリスマスソングですが
先日,気持ちよくある曲を口ずさんでいたら
「なんか上手くいかないなあ」と思う瞬間がありました。


ある部分の音が分からなくなり歌が続かないのです。


特別高かったり,低かったりというわけでもなく,
元の曲を聴きながらだと歌えるのに
自分ひとりで歌おうとすると音が出てこない。


ピアノで音を探してみると,「それらしい」音は見つかります。

ただ,なんだか違う。



もちろん,歌手は音を外しているわけではありません。



ではこの音は?



あまりに気になったので,少し調べてみると
私がとれなかった音はどうも微分音らしい
という結論に至りました。



微分音とは?

普段,私たちに馴染みがあるのは,
十二平均律という,1オクターブを12等分した音です。


ピアノの鍵盤で分かれている音ですね。


ただ,これは1オクターブの音を便宜上12等分しているだけなので,
たとえばピアノの鍵盤にはない
「シとドの間の音」というものも存在するわけです。


つまり,「シとドの間の音」のような
平均律をもっと細かく分けた音が微分音とよばれる音です。


おそらく,私が音を再現できなかった理由は
平均律の音に慣れすぎていて
平均律では再現できない音(微分音)を
聞き取れず,再現できなかったから
ということのようです。



微分音は,平均律に吸収されてしまっているので
微分音に近い平均律の音で歌うこともできますが,
やはり微分音にすることで,微妙なニュアンスが加わって
その歌がぐっと良くなるような気がします。



音楽科担当にも聞いてみました。

   
   時代はさかのぼりますが,音楽CDが出始めたころ,
   ある人に「CDを聴いてみたが今までとなんだか違う,
   どちらかというと前の(アナログ)の方が良かった。
   自分がおかしいのかな」ときかれました。

   「くわしいことは専門家でないので説明ができませんが,
   アナログ音源をデジタル処理する際に容量の関係などで
   カットされる音があるみたいですよ。
   連続したもの(アナログ)と段階的なもの(デジタル)の
   違いみたいです」と答えたところ,納得してくれました。

   色と色との間には無限の色があるように,
   音と音との間にも無限の音がありますよね。

―音楽科担当Tさん



無限の音の中に,
デジタルでは再現できない美しさや心地よさがあるのかもしれません。

今年の冬はちょっと音を気にして過ごしてみようと思います。

歌えない音のイラスト

〈英語担当T〉         

#音楽 #クリスマス #クリスマスソング #微分音 #無限の音

編集者のひとりごとを更新しました

編集者のひとりごとを更新しました。「長寿パン

長寿パン

ようやく暑さも和らぎ
秋らしい気候になりました。


読書の秋,スポーツの秋,そして食欲の秋。
皆様はどんな秋をお過ごしでしょうか。


今回は食欲の秋にちなんだ話題です。

先日お腹が空いたので,コンビニに寄ったところ




ロングライフパン




と書かれたパンを発見しました。





Long life パン?





見つけた時は,一瞬
「素材にこだわった美味しいパンなので長生きできます」
ということかと思いました。


それは早速食べなくては! と手が伸びましたが,
まずはちゃんと意味を調べてみることに。

すると
どうやら,寿命が延びる魔法のパンではないようです。



Long lifeには「長寿」の意味のほかに
「(食材が)日持ちする」という意味もあります。

つまり,このパンは
「時間が経っても食べられます」ということですね。



長寿パンは幻に終わりました。




ちなみに,long lifeの語順を逆にした
lifelongという単語もあります。

こちらは「一生の」という意味ですが,
例えばこんな言葉があります。




lifelong calling




calling? 電話?

一生電話がかかってくるなんて怖い話ですが,
やはりこちらも違います。



callingには「呼ぶ」「電話をかける」以外に
キリスト教で「(神の)お召し」という意味があります。
神様に呼ばれるということです。


つまり、lifelong calling
lifelongの「一生の」と
callingの「(神に)呼ばれる」で
天職を意味します。



神様に「あなたはこれをしなさい」と言われたものが
その人にとっての天職ということなのでしょう。

編集者のロングライフパン

〈英語担当T〉


#英語 #食べ物の英語 #長寿パン #天職

お試しコンテンツのページを作りました。

弊社オリジナルの教材を紹介するお試しコンテンツのページを作りました。

夏と言えば怪談 ―雪女(後編)―

前回の続きです。

外で倒れていた女を助けた男は
その女と結婚し,一緒に幸せな冬を過ごします。

しかし,季節が移り変わり始めると,
妻の様子に異変が現れます。
(原文は少し長いので,短く書き直しています。
 和訳:カルチャー・プロ英語担当T)


***
As spring comes and the weather got warmer,
the young wife became weaker and thinner.
春が近づき暖かくなると
若い妻は次第に弱ってやせ細っていきました。

The young man thought that she was lonely
so he decided to throw a spring party for her.
夫は妻が寂しい思いをしていると思い
妻のために宴を開くことにしました。

For the party, he invited many of his friends.
夫は宴に彼の友人を大勢招待しました。
***

そして,宴の途中で
男は自分の妻の姿が見えないことに気がつきます。
名前を呼んでも返事がありません。

ある部屋で,男は妻が着ていた着物を見つけます。
(ここのみ原文通りに書いています)





***
There was only her kimono,
lying in a pool of water in front of the stove.
***





ちょっと待って。
ストーブ?
もう一度確認しましょう。



***
There was only her kimono,
lying in a pool of water in front of the stove.
妻の着物はありました,火鉢の前の水たまりの中に。
***




なんと,雪女,暖をとって溶けてしまいました。


最初から最後まで覇気のない雪女ですね。
それにしても,彼女の目的は一体…
(もはや怪談ではなくミステリー?)




今回ご紹介した,怖さ要素ゼロのThe Snow Wifeは
海外の本屋さんで見つけた
世界の童話を集めた本に書かれていました。

この本には,日本の昔話として
「一寸法師」と「浦島太郎」も入っています。
こちらも想像とは違った展開が面白いので
いつか機会があったらご紹介したいと思います。



雪女では残念ながら涼はとれませんでしたが,
この童話集はちょっと不思議な本として
これからも大切にしていこうと思います。
〈英語担当T〉


Retold by Neil Philip. Illustrated by Nilesh Mistry. The Illustrated Book of Fairy Tales. Great Britain, Dorling Kindersley, 1997.

#英語 #児童書の英語 #昔話 #英語を楽しむ #英語で読む怪談 #怪談で涼しくなる #怖くない怪談 #実はミステリー

編集者のひとりごとを更新しました

編集者のひとりごとを更新しました。「夏と言えば怪談 ―雪女(後編)―

夏と言えば怪談 ―雪女(前編)―

最近では気温が35度を超える日も珍しくなくなりました。
地域によっては40度になっているところもあるようです。
皆様,熱中症対策はくれぐれも念入りになさってください。

さて,こんな暑い日には怪談で涼しくなりましょう!
そしてせっかくなので,日本の怪談を英語で読んでみませんか?

怪談を英語で読むことには大きなメリットがあります。

怪談が苦手な人にとっては分からない単語は
飛ばして読めばそれほど怖くなく,
怪談が大好きな人にとっては,英単語を調べれば怖さは倍増,
英語の勉強にもなり一石二鳥です。

今回選んだ怪談はThe Snow Wife(雪女)。
DKbooksから出ている,子ども向けの
世界のおとぎ話を集めた本に入っている話を抜粋して,
少しご紹介いたします。
(和訳:カルチャー・プロ英語担当T)


***

Long ago, there was a young man.
One winter night, someone knocked at his door.
When he opened the door, he found a young woman lying outside.
昔々,若い男がいました。
ある冬の夜,誰かが扉をたたきました。
扉を開けると若い女が外で倒れていました。

***


ん?

雪女って吹雪の夜に出かけた父親とその息子の話ではなかったでしたっけ?
そして,雪女に息を吹きかけられた父親は死んでしまうのですよね?
英語では特に描写はないですが,
もう父親が亡くなったところから話が始まっているのでしょうか。
それにしても,Snow Wifeは登場から少し元気が無いようです。

もう少し読み進めてみます。


***

The man asked the woman to marry him because she was very beautiful.
During the winter, they lived happily together.
男は女がとても美しかったので結婚を申し込みました。
その冬,二人は幸せに暮らしました。

***


雪女と知らずに夫婦となるのは変わらないようです。

長くなってしまったので,後編に続きます。
〈英語担当T〉

Retold by Neil Philip. Illustrated by Nilesh Mistry. The Illustrated Book of Fairy Tales. Great Britain, Dorling Kindersley, 1997.

#英語 #児童書の英語 #昔話 #英語を楽しむ #英語で読む怪談 #怪談で涼しくなる