#英語

本の居場所

いつの日か 君のノートもここに並ぶのだ
One day, these notebooks will find their place here.

これは,映画「奇跡がくれた数式」でイギリス人のハーディ教授が
インド人学生のラマヌジャンにかけた言葉です。

ラマヌジャンは直感的に数学の公式をひらめく天才ですが,
学歴が無いことやインド人であることを理由に,
イギリスで差別に苦しみます。

ハーディ教授は彼の才能を認めていますが,
自分の発見が誰にも相手にされないことに
ラマヌジャンは焦りや苛立ちを募らせていきます。

それに気が付いたハーディ教授は,
彼を大学の図書館に連れていきます。

そこでは,ニュートンなど著名な数学者のノートなどが展示されており,
それらを見ながら上のセリフでラマヌジャンに辛抱するように伝えます。

いつの日か 君のノートもここに並ぶのだ

この日本語を英語にする際,様々な表現の仕方があるかと思います。
One day, these notebooks will be placed here.
One day, many people will see these notebooks here.
と言っても間違いではないです。

しかし,あえて能動態を使うことで,
あたかも本が自分自身で
自分の居場所を獲得していくようなニュアンスが加わり,
それが様々な困難の中でもがくラマヌジャンの姿と重なって
味わい深いセリフになっているように感じます。

ラマヌジャンのノートのように
私たちが制作に関わった本や制作物が
それぞれの場所で誰かの助けになっていてほしいと思います。

#英語 #映画 #奇跡がくれた数式 #英文法 #能動態

社員旅行で京都へ行きました。

いよいよ新年度が始まりました。
今年度もどうぞ宜しくお願いいたします!

さて,3月中旬に社員旅行で京都を訪れました。関西支社が本格稼動してからちょうど半年というのもあり,初日には関西支社のオフィスに集まり皆で今後のカルチャー・プロが目指す形を共有しました。

2日目はあいにくの天気でしたが,嵐山の天龍寺,龍安寺,そして清水寺と京都の名所を巡りました。
私は念願の龍安寺の石庭を,カップルの会話と英語の解説をBGMに鑑賞しました。
今回は駆け足だったので,次はゆっくり観光したいです。


▲集合写真

(編集 N.N.)

#英語