カルチャーだより

カルチャー・プロのイベントや取り組みなどを報告していきます。

最近の投稿

3/16,おかげさまでカルチャー・プロは創立48周年を迎えました。

その創立記念日に,当社では「ワーキンググループ活動報告会」が行われました。
昨年4月,「外部スタッフ拡充推進グループ」「業務効率化推進グループ」「自社教材作成グループ」「ブランディング・広報推進グループ」の4つのワーキンググループに分かれ,活動がスタートしました。
各グループで課題を洗い出し,1年後までのアウトプットに向けて活動方針を定め,話し合いを重ねました。
報告会では,各グループより1年間の成果が報告されました。

成果の一つに,ブランディング・広報推進グループによる,名刺の裏面活用があります。

これまで名刺裏面は空白だったのですが,新たに「教科」「対象」「ホームページのQRコード」を追加しました。
主要5教科のほか,実技教科や資格検定ものも扱っていること,幼児~社会人までと幅広い学習者層に対応した教材を編集できることといった当社の強みをアピールすることができるのではないかと思います。また,QRコードを載せることで,昨年7月にリニューアルした当社のホームページへも,アクセスしていただきやすくなりました。
ぜひ,名刺を交換させていただく際には,リニューアルした当社の名刺をご覧いただけると嬉しいです。

それぞれのグループが1年間で成果を出し,社長からは「想像以上だった」という言葉がありました。今後はその成果を活用・改善し続けていくことや,残された課題を解決していくことが必要となります。時代の変化に柔軟に対応できる編集者であり続けるべく,自主的・主体的に考え,アウトプットをし続けていきたいと思います。
49年目のカルチャー・プロを,どうぞよろしくお願いいたします。
#WG

使用済み切手の寄付

当社では、社会貢献活動の一環として、使用済み切手の寄付を行っています。
寄付された使用済み切手は、収集家に買い取られ、その金額がアジア・アフリカの看護学校や助産師学校の教材費や実習費などの一部にあてられています。

切手収集といえば、未使用の切手が対象だと思っていましたが、消印を目当てに集めている人もいるそうです。消印には郵便局名と日付が入っています。
好みの郵便局や特別な記念日の消印を探している人がいるのかもしれません。ためしに、自分の名字で郵便局を検索したら、全国に9件もありました。
また、記念切手の発行に合わせて期間限定で使用される特別な消印もあるようで、消印の世界も奥が深いですね。

ランチ会を行いました

朝晩の冷え込みが強くなり,冬の到来を感じる季節となりました。

新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いてきたこともあり,10月末から11月初めにかけて,社内のワーキンググループごとにランチ会を行いました。

地域のおしゃれなイタリア料理店で,パスタやデザートをいただきました。 普段の業務ではなかなか交流ができない他教科の社員ともコミュニケーションをとることができ,大変有意義な時間となりました。

#WG

10月27日(木)に地域の中学生6名が企業訪問に来てくれました。

編集プロダクションが、どのような仕事をしている会社なのかを現役の生徒さんに説明できたことはとても有意義でした。
校正の仕事の体験をしてもらったところ、みんなでここが違う、ここも違うなど、和気あいあいと楽しく作業していました。
もしかしたら、この6名の中から未来の編集者が生まれるかもしれません。

当社社長の清水が11月1日付で会長に就任いたしました。

当社社長の清水が11月1日付で会長に就任いたしました。
従業員一同より,これまでのお礼の気持ちをこめて,花束と記念品を贈りました。
関西支社のメンバーはリモートで参加しました。



記念に教科チームごとの集合写真を撮影しました。その中の1枚がこちらです。

三代目社長には塩川が就任いたしました。
新体制のもと,教育業界の変化に対応しながら邁進してまいります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

カルチャー・プロは創立46周年を迎えました。

桜の花も咲き始め,春の訪れを感じる季節となりました。
そのような中,おかげさまでカルチャー・プロは創立46周年を迎え,本社と支社それぞれで創立記念日を祝いました。

本社では,社長からシュークリームのプレゼントがありました!
十分な換気を行い,密を避けつつ,おいしく頂きました。



来年度もカルチャー・プロをどうぞよろしくお願い致します!

クリスマスイブ,クリスマスケーキのプレゼント

今年も残すところあとわずかとなってしまいました。

12月24日のクリスマスイブ,本社では社長からクリスマスケーキのプレゼントがありました。



会議室に集まって「みんなでケーキを食べる会」が開催される年もありましたが,今年はソーシャルディスタンスを保ちつつ,それぞれ自席でいただきました。

コロナ禍で何かと不便が多く,直接お会いすることが難しい日々が続いていますが,また来年,元気にみなさまにご挨拶できることを楽しみにしております。

第4回編集プロダクションフェアに当社も出展いたしました。

関東ではネモフィラが満開になり,過ごしやすい季節になりました。

少し前のことになりますが,3月14日に開催された第4回編集プロダクションフェアに当社も出展いたしました。
編集プロダクションフェアは,編集の仕事を外部委託しようとしてくださっている企業の皆さまや編集の仕事に興味のある方々に編集プロダクションの活動や実績をご紹介するためのイベントです。



当社のブースでは,制作をお手伝いさせていただいた学習参考書,ワークなどを展示いたしました。ブースは,会場の入口付近という絶好の場所です!

当日は,お世話になっている版元様をはじめ,たくさんのお客様にお越しいただきました。
私は英語教材の編集を担当しているのですが,ブース担当として普段はお会いできない他教科のお客様ともお話しできる貴重な機会となりました。



ご来場いただいた皆さま,ありがとうございました。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

小倉顧問の退任にあたり,感謝の会が行われました!

段々と暖かくなり,花粉が飛び交う季節が訪れました。
先日,本社では小倉顧問の退任にあたり,感謝の会が行われました!

眺めのいい調布丸善ビル7階にて,社員全員でお寿司を頂きました。



小倉顧問と初めましての社員もいたので,社長から,顧問が関西支社長になるまでの経緯や関西支社長になったあとの活躍について,説明がありました。
改めて,顧問の活躍を知ることができました。

その後,お寿司を食べながら,社員全員が一言ずつ顧問との思い出を話しました。
その中で,生粋の阪神タイガースファンである顧問に,最初で最後のアピール?をするべく,新人社員のM君が阪神タイガースファンを公言したところ,「六甲おろし」を歌い出す雰囲気がありました。
しかし,残念ながら?今年は阪神タイガースの調子がイマイチということもあり,「六甲おろし」を歌うことはなくなりました。

小倉さん,本当にお疲れ様でした。

最後にみんなで集合写真を撮りました。



さて,クイズです。
左の写真と右の写真で写っている人が違います。
お気づきの方は,ご存知のカルチャーの社員までご連絡をいただければ嬉しいです。

編集雑記をご覧頂いている皆様,もう4月ですが,本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

台湾の教科書会社である康軒文教事業集団の皆さまが当社に視察に来られました。

台湾からの来訪者を迎えました。

10月5日(金),東京書籍株式会社さまのご紹介で,台湾の教科書会社である康軒文教事業集団の皆さまが当社に視察に来られました。
一行は呉副社長はじめ同社の10名の編集者の皆さんで,通訳の方を除いてすべて女性。しかも皆さん管理職とのこと。日本の教材のデザイン,編集制作のスキームなどについての関心が特に高い様子でした。予定の時間が過ぎても質問が途切れず,皆さんの熱意が伝わってきました。言葉は異なれど,同じ編集者どうし。通じ合うものもあり,終始和やかな雰囲気のもと,質疑応答が続きました。